プロ英語・数学家庭教師のブログ

個人契約で家庭教師を探す

個人契約の方法

個人契約をする方法としては主に以下4つの方法があります。

  1. 個人契約サイトを利用する
  2. 大学や大学生協に紹介してもらう
  3. 知人に紹介してもらう
  4. 地域の掲示板やミニコミ誌などの生徒募集の案内を見て探す

1の「専門サイト(個人契約サイト)利用」が圧倒的に多く、次に「大学による紹介」が多いです。「個人契約サイト利用」に比べて「大学による紹介」は競争がないため、時給相場が500円程度高くなっています。「大学による紹介」の場合は、大学側があらかじめ定めている時給で契約が行われる場合が多いようです。

個人契約の時給相場

個人契約サイトを利用した場合の時給相場について。

先生側の学歴・指導歴や、生徒側が求めるスキル・指導内容の難易度などによって異なりますが、

2000円前後がベースの時給相場となります。(交通費は定期券区間外全額支給が原則)

「2000円」という時給相場はあくまで「ベース」ですので、指導内容や学年などによってプラスとなります。以下に目的別・内容別の相場をあげてみます。

  • 中学受験塾の補習(中堅レベル):時給2000円~4000円
  • 中学受験塾の補習(ハイレベル):時給3000円~5000円
  • プロ家庭教師の中学受験:時給4000円~10000円
  • 高校受験(中堅レベル):時給2000円~4000円
  • 高校受験(ハイレベル):時給3000円~5000円
  • プロ家庭教師の高校受験:時給4000円~10000円
  • 大学受験(中堅レベル):時給3000円~4000円
  • 大学受験(ハイレベル・医学部受験):時給4000円~5000円
  • プロ家庭教師の大学受験:時給4000円~10000円

大手の個人契約サイトを見てみると、いずれのサイトも「教師を公募するコーナー(掲示板など)」と「生徒を公募するコーナー(掲示板など)」が併設されています。「教師を公募するコーナー(掲示板など)」の相場はおおむね上記程度となっています。一方、「生徒を公募するコーナー(掲示板など)」は大学生や社会人・プロ家庭教師の方の希望時給ですので上記相場より少し高めに設定している方が多く見られます。もっとも、実際に成約しやすい時給は、上記前後の場合が多いようです。

個人契約のメリット(生徒にとって)

生徒(保護者)にとって、家庭教師センターを通す場合に比べての個人契約のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?以下にまとめてみました。

  • 仲介手数料が安く済むので、費用が安く抑えられる
  • 高額教材販売業者など悪質なセンターの見極めが不要である
  • 先生を自ら選ぶことができる
  • 教師募集コーナーに掲載すると沢山の候補者が集まる(地域や時給など諸条件次第です)
  • 複数の先生候補者の中から、メール・電話・面接などで選ぶことができる(個人契約サイトによっては1名に絞る必要がある場合もあります)

個人契約のデメリット(生徒にとって)

生徒(保護者)にとって、家庭教師センターを通す場合に比べての個人契約のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?以下にまとめてみました。

  • 個人契約サイトの利用は「自己責任」である
  • 先生との金銭などのトラブルが発生しても仲介してもらえない
  • 慣れていないと良い先生を選ぶのに苦労する
  • 相性が合わない・先生の授業が分かりにくいなどの理由で断る場合に直接言わなければならない
  • 受験情報や模試情報などは自分で収集しなければならない
  • 授業内容などは先生次第になってしまうor保護者が管理・監督しなければならない

生徒にとっての個人契約の損得まとめ

個人契約サイトの普及や教育業界の人材難の影響で、教師にとっては家庭教師センターを通す場合と個人契約の場合の時給の差は少なくなってきています。一方、生徒にとっては個人契約にすることで、費用の総額が家庭教師センターを通す場合の3分の2~2分の1程度で済みますので、金銭的なメリットは大きいでしょう。

しかし、先生探し・先生選抜・契約・授業開始後の監督・先生交代や終了など、全ての段階において個人契約の場合は保護者の方が自己責任で行わなければなりません。個人契約サイトに登録している講師の中には悪質な先生もいるようで、多数の方がそのトラブルについてブログや掲示板などで書かれているのも目にします。授業の内容については、先生任せにせずに、保護者の方が積極的に関与するべきだと思います。

個人契約のメリット(教師にとって)

  • 家庭教師センター経由に比べて時給相場がやや高い
  • 難関大医学部など希少性が高く(お医者さんのご家庭など)ニーズがある場合はセンター利用に比べてかなり高時給になる場合がある
  • 個人契約サイトに自らの希望を記載して生徒を募集することができる
  • 自己アピールが上手な人は生徒が見つかりやすい
  • 教師募集コーナー(掲示板など)で自ら生徒を探し、応募することができる

個人契約のデメリット(教師にとって)

  • 複数の個人契約サイトに登録しても生徒が見つかりにくい
  • 教師募集コーナー(掲示板など)で応募しても高倍率で成約に繋がりにくい
  • 面接→体験授業などを行っても成約に繋がらないことがある
  • 生徒や保護者とのトラブルがあっても自分で対応しなければならない
  • 授業のすすめ方などが自己流になりがちである
  • 授業内容や生徒の普段の学習について相談する相手がいない
  • モンスターペアレントにあたってしまった場合、対応を自分でしなければならない
  • 入試制度・受験情報などを自分で収集しなければならない(例:私立高校の推薦入試の実情など)

名古屋 プロ英語家庭教師REAL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です