プロ英語・数学家庭教師のブログ

間違たこと、出来なかったことを発見することが本来の数学の問題演習の目的

数学の日々の問題演習としての勉強でもその復習でも多くの受験生が的確な対策を取れないのには明確な原因があります

受験生のほとんどの方は、出来なかった問題やわからなかった問題が続くと「自分はダメだ」「数学の才能がない」と悲観したり落胆したりしてしまって本当に大事なことが見えていないのです。

その最たる原因は数学の日々の勉強や問題演習の目的を勘違いしてしまっているためです。

日々の勉強で数学の問題演習を行う目的は「できないところ」「わからないところ」「知識があいまいなところ」を発見しそれに的確に対処するために行っているのです。

それにもかかわらずできなかった、わからなかったことに悲観していたのでは本末転倒です。

大学入試の本番前にできないところ、わからないところを発見できたのですから本当はとても大事なものを得たのです。

日々の数学の勉強や問題演習の復習をする際にはこの現実をしっかりとらえて対策を行っていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です